おかみのブログ|つり魚 海ほう
つり魚 海ほう kaiho
  • つり魚 海ほうの飲み物のお品書き
  • つり魚 海ほうの料理のお品書き
  • つり魚 海ほうのこだわり
  • つり魚 海ほうの店舗案内
  • つり魚 海ほうのアクセスマップ
  • つり魚 海ほうのお問い合わせ
  • つり魚 海ほうのおかみのブログ
  • Facebookお得な情報を配信中
  • 海ほうの宴会のお品書き

つり魚 海ほう

tel/fax
044-872-8196
営業時間
定休日
日曜・祭日

お問い合わせはお電話にて
承っております。
宴会のご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。

つり魚 海ほう

おかみのブログ 南房総西川名や江見で釣り上げた
つり魚情報をブログでお伝えします。

釣ってきました8月19日

2020.08.20

 

南房総 館山 西川港 竜一丸さん

 

釣り人 松ちゃん

 

きれいな美鯛を釣り上げました!

 

水温が27度台まで上昇&潮も早いなか頑張りました

 

 

 

 

 

 

 

館山名物!

 

ジャンボ!イサキ!

 

これだけ大きいと、お刺身、塩焼き

 

美味しそう  (*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウマヅラハギ

 

お造りで肝醤油をつけて

 

 

 

 

ブリモドキ

 

知っていたら達人級 (^^)/

 

白身で、味わいはブリ(ワカシ、イナダ)

 

に似ている。

 

カテゴリ:未分類

きのえね 純米 無濾過生原酒

2020.08.19

 

千葉県印旛郡酒々井 飯沼本家さん

 

江戸時代の元禄年間から300年以上続く蔵元

 

人気爆発!!「甲子」

 

きのえね 純米 無濾過生原酒直汲み

 

 

 

 

地元酒々井町にて契約栽培している酒米

 

五百万石を使用して醸した純米生原酒

 

生成された炭酸ガスが含まれており

 

垂れ桶から直接汲んだお酒は、口に含んだ瞬間に

 

舌にピリッと刺激するような炭酸ガスを

 

感じます。

 

飲み進めて炭酸ガスが抜けてくると

 

無濾過生原酒らしい骨太で力強い

 

しっかりとした味わいとなるので

 

時間の経過とともに違った味わいを

 

楽しめます。

 

 

 

世界の無形文化遺産になった和食との

 

マリアージュを考えた酒造りに努めています

 

だから、甲子正宗は食べながら飲むと美味しい

 

のです。

 

 

 

 

 

濃厚な辛口タイプ

 

日本酒度 +4

 

 

カテゴリ:未分類

喜楽長 辛口純米吟醸+14

2020.08.18

滋賀県東近江市 喜多酒造さん

 

近江商人の理念 「三方良し」の精神で

 

営む蔵元 「喜楽長」きらくちょう の

 

辛口純米吟醸+14が今回のおすすめ酒!

 

 

「旨みのある辛口酒が飲みたい」そんな気持ちから

 

このお酒が生まれました。

 

米の旨みを感じられ、のど越しはやわらかで

 

飲んだ後辛さが余韻として残るタイプ

 

「旨い辛口」をめざしました。

 

食中酒としておススメです。

 

お料理の味わいを一層引き立ててくれます。

 

 

 

 



 




原材料 山田錦

 

精米歩合 55%

 

日本酒度 +14

 

酸度 1.9

 

アルコール分 17%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類

釣ってきました8月16日

2020.08.17

 

 

南房総 安房鴨川 江見港

 

新栄丸さん 

 

クロムツ、アジ、イサキ、ハタ五目船

 

 

3時出船、クロムツから入り

 

夜が明ける頃にアジへ移動

 

江見沖の70mでチカメキントキの群れに

 

あたり15匹 (*^^)v

 

 

 

チカメキントキ お刺身美味しいです 

 

 

 

クロムツは煮付けがオススメ

 

 

 

 

 

旬のアジは、ナメロウで

 

板長の薬味の塩梅は絶品です!

 

 

 

毎日、とても暑いですが

 

暑い日でもスッキリ飲める喉越し良い

 

良く冷えた静岡県の開運純米 涼々 オススメ

カテゴリ:未分類

七本槍 純米 14号

2020.08.12

 

 

人気の「七本槍 純米」は滋賀県冨田酒造さん

 

清酒「七本槍」(しちほんやり)で全国に

 

その名を轟かせる冨田酒造さんは西暦1534年

 

(天文3年)頃の室町時代に創業を始めた

 

日本でも屈指の歴史をもつ酒蔵

 

 

 

 

七本槍という銘柄の由来は老舗の蔵元にふさわしく

 

歴史ロマンあふれるものです。

 

本能寺の変の翌年にあたる天正11年

 

織田信長の跡目をめぐり羽柴秀吉と 

 

柴田勝家が戦った「賤ヶ岳の戦い」が

 

勃発。この戦いで活躍した七人の若武者が

 

秀吉を天下人へと導いた

 

「賤ヶ岳の七本槍」と称えられ語り継がれて

 

います。 縁起の良い酒、勝利の酒としても

 

人気です。

 

 

 

 

まろやかな優しい純米酒

 

冷やしても、お燗でも、常温でも美味しく

 

幅広い食事に合うお酒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類