おかみのブログ|つり魚 海ほう
つり魚 海ほう kaiho
  • つり魚 海ほうの飲み物のお品書き
  • つり魚 海ほうの料理のお品書き
  • つり魚 海ほうのこだわり
  • つり魚 海ほうの店舗案内
  • つり魚 海ほうのアクセスマップ
  • つり魚 海ほうのお問い合わせ
  • つり魚 海ほうのおかみのブログ
  • Facebookお得な情報を配信中
  • 海ほうの宴会のお品書き

つり魚 海ほう

tel/fax
044-872-8196
営業時間
定休日
日曜・祭日

お問い合わせはお電話にて
承っております。
宴会のご予約も承っておりますので、お気軽にお電話ください。

つり魚 海ほう

おかみのブログ 南房総西川名や江見で釣り上げた
つり魚情報をブログでお伝えします。

黒龍 大吟醸 しずく

2017.07.18

年2回の限定入荷

 

35%精米兵庫県東条地区産山田錦使用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類, 海ほうのお酒について

十四代 純米大吟醸 極上諸白

2017.06.07

 

季節酒いろいろ

 

 

★ 山形  十四代 純米大吟醸

極上 諸白

 

 

★ 新潟  越の白鳥  純米吟醸

 

シャープな飲み口と綺麗な味わい

 

 

★ 山形  十四代 本丸

 

絶妙にバランスの取れた豊かな口当たり

 

ほんのりバニラ香

 

 

 

★ 新潟  純米大吟醸 無濾過生原酒

 

フレッシュで農醇な味わい

 

 

★ 北海道  二世古 純米吟醸原酒

 

北海道酒造好適米「彗星」を使用

 

穏やかなバナナのような香りと程よい

 

旨味 食中酒として

 

 

★ 福井  九頭龍 純米

 

料理を選ばない、冷やでもお燗でも

 

 

★ 山形  フモトヰ 夏純吟

 

柔らかくスッキリとした味わい

 

 

 

★ 高知 土佐しらぎく 涼み純米吟醸 八反錦

 

シトラス系の爽やかな香り

 

 

 

★ 奈良  篠峯 ろくまる 夏色生酒

 

ピチピチ感と共に柔らかな旨味

 

食中酒として、デザート酒としても

 

美味しくお楽しみいただけます

 

 

 

★ 山形  スーパーくどき上手

 

純米大吟醸 改良信交30%精米

 

米の芯の甘さが堪能できます

カテゴリ:未分類, 海ほうのお酒について

真鯛 2.6k

2017.05.15

 

 

5月14日 南房総 鴨川

 

真鯛2.6kと1.5k

 

イサキ、メジナ

 

真鯛中心狙いのためイサキはお土産ていど

 

 

カテゴリ:未分類

2017年度 新政酒造 特別頒布会 

2017.05.14

秋田県「新政酒造」より

 

特別頒布会の第1回目が入荷しました

 

『新政』恒例の企画頒布会

 

 

毎年人気殺到!

 

 

 

 

 

 

 

 

山吹 生酛純米

Tangerine  タンジェリン

 

 

原料米*秋田市河辺産 吟の精100%使用

 

精米歩合*40%

 

アルコール分*15度(原酒)

 

『吟の精』誕生年1992年(平成4年)

誕生地 秋田県

 

(心白)酒米の中心にある間隙部分がないため

精米歩合が10%以下まで磨けるなど前代未聞の

特徴を持っていました。

なお同時期には、酵母開発でも革命的な事件が

起こっています。平成3年、秋田県は新型酵母

「秋田流花酵母(AK-1)」を開発したのです。

この「AK-1」は当時としては圧倒的な芳香を

持つ酵母であり、秋田県は同年の新酒鑑評会で

25点の金賞を奪取、ずば抜けた成績で全国1位

となりました。

そして、平成4年、酵母「AK-1」と酒米

「吟の精」という当時最新の組み合わせで、

『秋田旬吟醸』という秋田県独自の企画が

立てられました。これはいわゆる『原産地呼称制度』を

先取りした試みで、首都圏の市場で話題となった

ということです。

『吟の精』はややドライな味わいが好評で、

『酒こまち』登場以前までは秋田の代表酒米

でした。ところが、形質が不安定で、肥大化しやすく、

割れやすくなっていく傾向があります。

なお、麹に使用すると良いという研究発表が

出たため、当蔵ではNo.6シリーズの麹米として

使用しておりました。このように「吟の精」は

優秀な酒米ではありますが、歩かの酒米に

専心する意味もあり、本年度をもって当蔵は

その使用を取りやめることにしました。

最後に、この秋田の一時代を支えた酒米に

敬意を表し、オール『吟の精』の「タンジェリンラベル」を

醸造し、これを記念としたいと思います。

 

 

 

 

水墨  生酛純米 木桶仕込み

Ash  アッシュ

 

原料米* 能代市二ツ井町産 亀の尾100%使用

 

精米歩合*40%

 

 

アルコール分*14度(原酒)

 

 

『亀の尾』誕生年1893年(明治26年)

誕生地 山形県

 

 

明治・大正期の東北の米といえば、この

「亀の尾」をおいて他にはありません。

 

飯米でいえば「ササニシキ」「コシヒカリ」

「あきたこまち」などの親であり、また酒米に

おいても「改良信交」「五百万石」「美山錦」

などの直接の祖先でもあります。

しかし「亀の尾」はいもち病に弱い・倒伏性が高い

などの特徴がありました。このため昭和初期には

「陸羽132号」や「農林1号」といった後継品種に

代わられてしまうことになります。

ところが、昭和末期に2つの酒蔵がこの品種を

復活させることになります。昭和58年に

新潟県の久須美酒造、そしてその翌年、発祥県

である山形の鯉川酒造が少ない種籾から稲穂を

増やし、ついに酒を販売することにこぎつけました。

この逸話は、漫画「夏子の酒」のモデルになったと

されています。

さて、当蔵でも、「亀の尾」の入手と醸造に、毎年

多大な努力を支払い取り組んでおります。しかし、

これが、なかなか難儀な米で一筋縄にはいきません。

良くも悪くも、東北らしい硬質米です。設計を誤ると、

苦くて渋くて薄ぺらな酒になってしまいます。とはいえ

西日本の軟質米とは一線を画すその端麗な味わいは、

大きな個性です。この「亀の尾」に習熟することで、

東北の酒造りを極めることができるのは間違いありません

今回の【アッシュラベル】は、冷涼な東北の大地を

感じさせる、みずみずしい酸味が特徴の酒に仕上がり

ました。

これからも当蔵は「亀の尾」の特徴を活かした酒造りを

模索してゆきます。ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:未分類, 海ほうのお酒について

本日の銘酒

2017.05.10

 

長野  大信州 純米吟醸

 

口当たり柔らかく、ふくよかなお米の旨みが

 

口中で優しくフワッと広がります!

 

軽快で洗礼された香味は、食中酒

 

 

京都 澤屋まつもと 純米大吟醸 山田錦

 

上品な酸味と幅のある旨味心地よい余韻

 

 

 

長野 明鏡止水 純米吟醸  金門錦

 

冷酒はもとより、お燗でも

 

枯れた味わいの良さと懐の深さにすぅっと

 

引き込まれそう。。

 

 

千葉  甲子 純米吟醸 直詰氷室瓶囲い  生

 

味わいは、 秘密・・・

 

カテゴリ:未分類